健康

腸内細菌

投稿日:

人間の腸内には100種類以上の腸内細菌が生息しています。

腸内細菌は善玉菌と悪玉菌に大別され、乳酸菌を始め色々な菌類が居ます。

これらの細菌のバランスが崩れると健康に悪影響を与えると言われています。
ビフィズス菌は乳酸菌の一種で善玉菌の一つです。

ビフィズス菌にはアンモニアなどの有害物質の発生を抑える働きがあります。

子供のうちは腸の中に沢山存在していますが年を重ねるごとに減少してしまいます。

母乳で育てられた乳児の腸内細菌の95%はビフィズス菌で占められていますが、粉ミルクで育てられた乳児は、ビフィズス菌が少なく下痢や便秘を引き起こしやすくなるともいわれています。

ビフィズス菌を腸内で増やすには、オリゴ糖や食物繊維などを摂ることが必要です。

効能としては整腸作用や免疫力強化といった働きがあります

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ほうせんどう すっぽんコラーゲン

ほうせんどう すっぽんコラーゲン(パワーライフ)には独自の成分、トリオリンOPが入っています。 トリオリンOPは高級なスッポンにわずか2%しか含まれていない貴重な成分。 ほうせんどう すっぽんコラーゲ …

no image

GABAの効果

GABAの効果で有名なのはストレスの低減です。 脳内の神経伝達物質としての働きはイライラを抑えてストレスを抑える働きをします。 ギャバ配合のチョコレートなども出ていて結構色んな商品に配合されるようにな …

no image

エラスチンの効能

エラスチンは肌の弾力を保つために必要な成分です。 エラスチンが少なくなってくると肌の弾力が失われてしまいます。 でも年齢と共に少なくなってしまうのが困りものです。 年を取るとシワが増えるのはその割合が …

no image

リコピン

リコピンはカロチノイド類の一種でトマトなどの赤い野菜に多く含まれています。 高い抗酸化作用があり、ビタミンEの100倍、βーカロチンの2倍もの抗酸化力があると言われています。 ネズミを使った動物実験の …

no image

花粉症の影響